風水学講座:目次

物件選び・初歩の初歩


最近、引越しが多いね

移動のシーズンです。更に星回りのせいもあるのか…筆者の周りでも去年後半から今年初頭にかけて、家族を含めると十指に上る移転がありましたが、まあ、引越しは大変ですね。しかし、一番の気分転換にもなり、運気転換の契機になるのも移転です。
単純な話が、同じ場所に居て家具の裏側や棚の一枚一枚、並べた本の隙間まで否応なしに掃除できるチャンスはそうありませんし、不徹底になりがちです。ドッと引越しすると、否が応でも粗大ゴミは減りますし、心機一転の出直しにもなります。周囲の環境も変わりますし、生活のしかたも変わります。
しかしまた、一筋縄ではいかないのが引越しで、移転の方位やら物件探しはもとより、金策やら片づけやら諸手続きやら、家族会議やら何やらかにやら…、自分がいいと言っても周りがウンと言わなかったり、もうパニクる人も少なくないでしょう。それでも、賃貸ならばまだいいですが、一生に一度の買い物とばかりに張り切ってしまうと、それがストレスと重荷になり、平常心でいられる人はなかなか少ないようです。

このサイトは、ネット利用者が首都圏に集中しており、その人達を対象にしている為、どうしても集合住宅の比重のほうが多くなります。一戸建てを計画するよりもアパート・マンションの方が手っ取り早いのですが、それでもやはり、物件選びは難物なようです。
ただし今回、筆者が初めてネット時代の移転をしてみて、数年前の移転とはあまりに情報の伝達の仕方が違うのに驚かされました。そこで、自分の経験を交えながら、ほんの少し、物件選びについて書いてみたいと思います。

ネット時代になって、ほんっとに、物件探しは楽になりました。前の住まいに入居したのは確か98年のことですが、その時はまだこのサイトの立ち上げ準備中で、サイトも少なく、ネットショッピングも珍しい時代でした。その時期はまだ、足で不動産屋を歩くしかなく、物件情報や相場の把握も今一つ不足で、気に入った物件に出会えるかどうかは、不動産やまかせ、運まかせと言って良い状況でした。


人間のすることは同じ…

ところが、今回(2005年2月)物件探しをしてみて、本当に不動産業界のデジタル化も進んだなーという感想を持ちました。しかしやはり、最後の最後のところは、人間のする仕事だな、という感じは否めません。

一例として
1、入居審査=賃貸しの入居審査の実質的な基準は変わっていない。むしろ、マニュアル通りに審査する会社だと、かえって難しくなっているかもしれません。今回も、探した中で、物件情報を細かく見ていて、海外赴任の為のリロケーションという物件は、条件がよくても敬遠することにしました。審査がうるさいし、契約更新可となっていても、2年ごとに更新するか引越しか?と選択を迫られるのはかなり厳しいと思います。

2、不動産屋の体質=地元密着型で長く会社を運営している不動産屋が、審査は実質を見ており、肩書きはあまり問題にしない、という状況も変わらない。借りる側の人は名の売れた会社に勤めていなくとも、勤続年数が一番問題なようです。ただしやはり、自営は厳しい。曲りなりにでもどこか会社に所属していないと難しい。保証人も近い血縁者でないと難しく、仕事に関しても勤め人で勤続年数が問題、というのも変わらないようです。
まさに不動産は社会の縮図ですね。今回入居した物件は、前よりもグレードの高い分譲タイプなのですが、一回管理会社の社長と会っただけで、所得証明さえ取られず、その場で鍵を貰いました。このマンション全体を管理している会社で、50年以上地元で営業している会社です。ちょっと顔は怖いオジサンですが、調子のいいことは言わないタイプ…(^^;) 保証人も一人で済みました。息子と弟のお蔭ですけどね…。

3、良い物件は足が速い=ネットでは実に多くの物件が検索できます。しかし、本当に良い物件はやはりネットや店頭に出る前に決まってしまいます。今回の物件も、「あの物件は塞がりましたが、ちょうど今、似たタイプが出ました」と言う新着ホヤホヤ。長くネットや店頭に出回る物件は、何かしら不利な条件があるのですね。だからと言って、ネットが役に立たないということは全くありません。
ネットの問い合わせに反応のいい会社は、情報も沢山持っていますし、仕事も早いです。この仲介会社が入ると礼金が一か月分増えてしまいますが、2のような昔気質の堅実なオジサンはネットなんか使わないので、間に動きの良いマメな仲介が入ってくれることで、情報もこちらに届きやすくなります。この辺り、本当に不動産は縁のものですので、毎日住むことを考えると、手数料は仕方がないですね。
物件と価格の関係は、不動産に関しては掘り出し物を期待しないことです。相場よりもすごく安い物件は、何かあります。たぶん探している時には分からなくても、住んでみてから出てくるでしょう。これは自分で判断するしかありません。情報がまんべんなく行き渡るようになった結果、価格と物件は釣り合いが取れるようになっています。条件の取捨選択は慎重に。

4、現地優先=料金や条件などを見ていいと思っても、有力候補に入れるかどうかは、必ず現地を見てからでないとダメです。土地の起伏、車の往来、人通り、陽当たり(あまり陽当たりがいいばかりが良い訳ではない)、埃の立ち具合、土質、水はけ、付帯設備、周囲の建物etc……は、現地を見ないと分かりません。いや、見ても分からないことが多いのに、ぜんぜん現地を見ずに図面で間取りだけを問題にするのは早計です。いちおう現地を見て合格ラインに達しているとして、その次にきちんと間取りの検討に入ります。

しかし、この「現地を見に行き、きちんと間取りを検討する」というのは、間取りもある程度のラインに達した物件であるべきです。でないと、無駄が多すぎます。この辺りで皆さんと筆者のズレが出てきます。

筆者の場合にはもちろん自分で見るので、ネットやFAXで得た情報で既に間取りと周囲の状況がある程度の合格ラインにあるものだけ、現地見学となる訳です。しかし、間取りや価格や地図で見た限りの条件では良いと思っていても、現地に近づくにつれて、ありゃりゃ……となることが、かなりあります。
プロの筆者でさえそうなのですから、社会経験も移転経験も少ない皆さんが、間取りやインテリア的なことばかり問題にして、地図上で状況把握しようと思っても、難しいものがあります。

そこで、今後は間取りにばかり気を取られずに、現地の状況をよく見て頂く為に、送って頂く物件を先になるべく絞り込んで頂きたいと思っています。一目見て鑑定するのが無駄というような物件をなるべく候補に上げないように、最低限のアウトラインを書きますので、今後の参考にして下さい。


陽宅風水の難しさ

ただし、これは陽宅風水の講義ではなく、全く何も知らない皆さんが、簡便に住宅選びをする為のガイドラインです。「本格的に、きちんと」ではありません。
「簡便に」とわざわざ断りを入れて強調するのは、なぜそれが吉相なのか凶相なのか、という理由の解説や、これがダメならどういうのがいいのか、というところまで触れないからです。何故なら、ここがこうなった物件が良い、と言うと、多くの人がそこだけにこだわって、もっともっと大きな欠陥のある物件を持ってきることが多いのです。これならばまだ前のほうが良かった、という場合さえあります。

ここらへんが、陽宅風水の勉強とはまた違う、実際の住宅選びの難しさなんですね。
皆さんも、風水に興味がおありなので、たぶんそれに関する本の一冊や二冊は手になさったことがあると思いますが、それで実際に家相を見れるようになったでしょうか?
実は、皆さんのお読みになった本には、かなり細かいことが詳しく書かれている筈なのですが、実際の使い方は全く分からなかった、という方が少なくないと思います。家相、陽宅というのは、素人が細かく勉強すればするほど、どんどん分からなくなるという面があるのではないでしょうか?
どっちの方角に何があるとどうなる…と書いてあるかと思えば、またあっちの方角に何があるとダメだ、とあるし、じゃあ結局どうすればいいんだ…、となってしまうことが非常に多いと思います。
また、それが分かっても、そんな家を希望の方位に見つけられる可能性は……?
実際には、希望どおりの形をした物件が、希望の時期に希望の場所に希望の価格で待っていることなど、あり得ようがないのですから。

風水で一番難しいのはこの辺りの「バランス」なのです。実際の物件選びは、大凶を捨てて小凶を取る選択になります。特にワンルームなどは「吉」はないと思って下さい。
下手に風水を聞きかじって一箇所だけを大きく問題にしてしまい、もっと肝心なことを無視している場合が非常に多く、これが「恋愛運欲しい病」「金運欲しい病」から出ていることが多いのです。
「何が何でも恋愛運の良い家に住みたいというこだわりがあるので、西は絶対に吉相に!」というこだわりの結果が、北東欠けの玄関だったりという選択が余りに多いのです。
恋愛運や結婚運ばかり考えていて、病気になったり失業してしまうような相だったら仕方がないですよね。

それで、あちこちでクドく言っているのですが、仕事の仕上げや趣味に没頭するこだわりとは違って、このようなこだわりは全体のバランスを見失ってしまう元凶であり、間違いのもとです。これは「こだわり」や「希望」ではなく「迷い」と言います(笑)
家相には100点満点はまずありません。仕事を完璧に仕上げることはできても、完璧な家相の家に住むことはまずできません。あまりに制約が多すぎます。そこで、何を捨てて何を取るか、知識に加えて常識とバランス感覚というものが大きな割合を占めます。
これにはある程度の年齢と経験と客観性が必要ですし、「こだわり」と「切捨て」という相反する判断を、一緒にやらなければなりません。難しいといえば難しい、ドライに割り切ろうと思えば割り切れる…しかし、どうでもいいことではない、という、かなり微妙な判断となります。

市販の風水・家相学の本にも風水サイトにも書いてないのは、こういう問題なのですね。そこで、今回、少し大胆にこの家相判断法の切捨てを行い、実践に近づける…これが「簡便」です。しかし本格的な陽宅風水学ではないので、解説は最小限に留めます。

前置きが長くなりましたが、少し気を楽に持っていただいて、ポイントだけ見るようにしましょう。そして、「この物件で良いと言われましたが、北西にキッチンがありますが大丈夫でしょうか?」と不安にならないようにお願いします(笑)
今現在の状況の中でベターな選択肢を申し上げるしかないので、北西水場が大丈夫ということではありません。北東玄関よりもベターですが、南東水場よりも良くありません。キッチンだけならば大丈夫かもしれませんが、キッチンとトイレと風呂場があって欠け込んでいたら却下です。また、家族構成や個人の運気にもよります。バランスとはそういうことです。ベストはありませんので。


物件選びのガイドライン

1、立地=土地の方位・形状は、平坦な場所では特に気にする必要はありませんが、傾斜地では注意して下さい。逆地(南が高く北が低い)は風水的に凶相ですので避けること。物件の方位は、中に入れない場合は建物の向きと住宅地図で判断して下さい。不動産屋で貰った図面の方位は違う場合がありますので、必ず自分で確認して下さい。

2、輪郭=家の形とは、家の(自分の住む物件の)外壁の輪郭で観ます。ベランダは入れません。出窓は壁の面積と窓の出具合によって判断法が違いますので、ここではパス。
家の輪郭は、なるべく大きな変形のない、素直な長方形が一番望ましいです。しかし、ウナギの寝床のようにひょろ長いのは長方形とは言いません。○対○とはあえて決めませんので、見て判断して下さい。正方形は小吉。変形がいけないというのは、実際に住んでみるとよく分かります。太陽光線や風の流れや水滴の付き方は、ほんのちょっとした張りや欠けにも見事に反応します。長年の間にはかなりな影響を及ぼします。
また、変形している場合は、なぜ変形しているのか、その物件だけでなく全体を観て下さい。高級マンションに多い雁行型では、変形でもなかなか合理的に考えられた設計も稀にあります。しかし近年建てられる物件の多くは、土地が十分でないのに無理やりに建てている場合が多く、「土地がないので、どうしてもこういう形になってしまった」という変形は、ほとんどが凶相です。

3、水場と玄関=玄関、バス、トイレ、洗面所、キッチンは欠け込みとみなしますが、文字通りの欠け込みではなく、その場所が弱くその方位に関係する運気も弱いと観ます。たまに玄関や風呂場だけが輪郭から外に張り出している物件がありますが、その場合は凶方にあっても凶意が小さくなります。水場の吉相は原則としてありませんので、水場がなるべく一箇所に集中していないほうが、リスクが小さいものです。また東西南北の中心線(正中線)にない方が好ましいですが、一箇所ぐらいは仕方がないでしょう。

4、方位=玄関が北東の鬼門にない物件を選ぶようにしてください。南の水場も極力避けて下さい。どちらも張り出していれば別です。南西玄関もあまり好ましくないですが、あくまでも裏鬼門は表ではなく裏ですし、南西の玄関は比較的少ないです。
変形なしの長方形であっても、北東玄関と南西ベランダが真っ直ぐ一直線に抜けた物件は、特に避けて下さい。

5、霊地=周囲の環境では、第一に霊地を避けること。霊地とはお墓、古戦場、新興宗教の教会などです。
霊地と言っても伝統的な神社仏閣の傍は好ましいのですが、あまりに近すぎると、一般人は逆に位負けすることがあります。その方とのご縁や信心の筋によりますので、一概には言えません。しっかりした氏神様のご近所で、まともに隣接しているとか門の正面に向き合っているなどしなければ、変な宗教に凝っていない人でない限り、お守りいただけます。ただし、そういう場所に住む場合は、普段から足を向けて寝ないぐらいの感覚を養うようにしましょう。(間違っても別に祟りはしませんが)
新興宗教の大きな施設は、ある地域に固まってできることが割りに多いので、そういう地域は移転の選択肢からはずすこと。ただし、一般の家が教会になっている場合は外目からは分からず、住んでみてから分かることが多いので、いろんな種類の住宅地図などで確認して下さい。場合によっては出ていることがあります。

以上、簡単ではありますが、1〜5は全てはずせないポイントです。どれか一つが欠けていてもダメです。ご自分で選ぶ場合でも鑑定に回す場合でも、これらのポイントをクリアする物件を選択肢として、できるだけ吉相のお住まいに巡り遇えるように頑張って下さいね。


実際の手順と心がけ

まず、ネットの不動産検索サイトで、希望する地域の物件の相場や物件が多そうかどうかを調べ、その中で間取りによって2、3、4の条件をクリアするものを残し、地図によって1、3の状況を調べ、良さそうな物件に幾つか問い合わせを入れましょう。
間取り図のない物件はもう塞がっているか何かで、選択肢から外れることが多いのですが、問い合わせを入れると似た条件の物件をどんどん送ってくれますので、不動産会社や担当の人の力が分かります。
熱心で反応の早い会社でないと契約もスムーズにいかないので、信頼度の高そうな担当の人にあたったら、そこをメインにしてどんどん探して貰いましょう。不動産情報はどこの会社にも同じものが流れていますが、事務手続きの手腕や管理会社との交渉のしかた、マメさ、親切さは違います。また、入居審査やローン契約の運び方もかなり違います。

また、あなたが不動産屋の信頼度をはかっているのと同じように…いや、それ以上に、不動産屋の方もあなた自身の信頼度をきちんと見ています。向こうのほうがプロです。仲介会社に味方になって貰えるように、あなたも信頼できる誠意ある態度を取って下さい。あまり客として自分の要求ばかり主張しても、不動産に関しては他の業界と少し違うところがあります。
いくら客であっても、賃貸であれば大きな商品を借りて使う側ですし、ローンを組めばお金を借りる側です。いや、たとえ全額を現金で支払える人であっても、生活している間には何が起こるか分かりません。経済力はどうか、だらしなくないか、犯罪に巻き込まれるような心配はなさそうか、健康で暮らせて病気で倒れたりするようなことはなさそうか、隣近所といざこざを起こす心配はないか、などなど…貸す側・売る側が心配するのは当然です。
卑屈になる必要はありませんが、あまりモノを値切るように、丁々発止とやりあうのは感心しません。しかし、契約条項はきちんと把握しましょう。

不幸にして、賃貸で大家が非常にうるさいタイプだったり、足元を見るような感じだったら、退去の時にリフォーム代などでモメる場合があります。「原状復帰」を余りに強調され、もし既に傷がついている場合は、不動産屋立会いの元に、入居前に写真を撮ってお互いに保管しておく方法もあります。
この辺り、どこまでシビアにやるか、それとも(ここならば揉めないだろう)と信頼するかは、相手次第でもあり、あなたの人間的な総合力です。
ネット時代のあなたは、スタート時点でネットを使っていない人よりも有利な立場にあります。この利点を大いに利用して、情報量の多さと速さに感謝しましょう。
引越しや契約で嫌な思いをするのではなく、一回引越しするごとに、成長してゆきたいものですね。


■引越しは人生の縮図みたいなところがあり、悲喜こもごも・・・。検索していたら面白いと言うか、もの凄いサイトがありましたので、おまけにご紹介しておきます。むかし流行った「サポートセンターの秘密」みたいな業界内輪モノで、どちらも生々しくてなかなか迫力あります。引越しの際にも参考になりますね。

夜逃屋事件簿・・・その名の通り、かなりハードです。こうならないように反面教師として。

「平成17年3月14日」

TOPサイトマップ  関連項目:基礎講座 タオの風水暦 巷談
現在このサイト内にいる人は 人です♪
Copyright (C) TAO AllRightsReserved.
http://www.kumokiri.net/