方位の境界



方位を見る時には、目分量で「だいたい西」とか「こっちから朝日が出るから東」などと決めずに、必ず正確な間取り図と分度器を使ってください。太陽の出る方角は季節によって変わりますし、不動産屋さんの宣伝文句は「南東向き・角部屋」です。
分度器の代りに、「風水学講座」のトップページから「実用・方位盤」をダウンロードされると便利です。

方位の分け方は次のとおりです。
東西南北」の四方位を四正(しせい)といい30度取ります。
間の「北東、南東、南西、北西」を四隅(しぐう)といい、60度取ります。

これから旅行や引越しのために方位を見る場合は、なるべくその方位の中心に近い場所を選んでください。方位の境目ぎりぎりの場所を使いますと、効果が半減するどころか、一説では五黄殺になります。

線の真上にかかった場合は、四正(東西南北)に含めて見ますが、両側が吉になったところで、どちらの吉効果もあまり期待できません。
方位を見て物件を選ぶ場合は、自分でわざわざ線上を選ぶようなことをしないようにしてください。疑わしい時は動かないことです。

タオの風水学教室TOPサイトマップ  関連項目:基礎講座 | ビギナー講座
現在このサイト内にいる人は 人です♪
Copyright (C) TAO AllRightsReserved.
http://www.kumokiri.net/ コピー・転載禁止