天地会議・2021年度の傾向

皆さん、お元気かな。私は雲切童子です、お見知りおきを。
今回は、年ごとの運勢や社会の動静など、さまざまな事を話し合うに当たり、主宰の任を承っております。
私の本日のスタイルは、あくまでも仮の姿であり、時と場合に応じて、いろんな姿で出没します。しかし、来年度は五黄土星中宮年。それで中宮に座を占める五黄土星に見劣りせんように、こんな偉そうな姿で出てきてしまいました。少し神様っぽく見えるかもしれんが、決して怖くはないので、どうぞよろしくお願いします。

それでは、列席の方々を、お一人づつご紹介しよう。まずは顔見世を兼ねて、2021年度を振り返って頂こうか。
そしてまた年末には、来年の抱負と、運勢の予測を述べて頂くので、どうぞよろしく。まずは2021年度の中宮に位置される、六白金星から、遁甲順でお願いします。
本年度、2021年度の九星盤は、下の通りです。盤の配置を見ながら、一年を振り返って頂くと、分かりやすいでしょう。
 
私は、六白金星です。雲切童子様も五黄土星さんも、ちゃんとしたお姿で出られるというので、私もなるべくきちんとしたなりで参加させていただきました。さて、本年2021年ですが、昨年に続き、疾病の流行が収まらず、なかなか大変な状況ではあります。これは単に、六十干支で何の年であるとか、九星配置がどうなっているというような問題ではなく、もっと大きなスケールで考えないと、人間の小賢しい付け焼刃の解釈では、どうにもならない問題であるように思われます。わたくし自身は、中宮にあって八方攻めのストレスはありましたが、おおむね、何とかやり過ごすことが出来ました。しかし、同じ本命六白金星の中でも、1994年甲戌生まれの者などは、本来の活動力が抑えられて、多少きつかったかもしれません。本年も残り少なであるから、焦らず自分の足元を固めることに、注力いたしましょう。
なるほど、六白金星さん、有難う。同じ九星でも、十二支によって違いがありますから、中宮にあって周りを囲まれ、ジッとして過ごすのが耐えられない者も、あったかもしれんの。自分の運勢の波を把握できていれば、そういう時期だと思って、自身をセーブするのも楽になるものだが、先が見えないと、イライラも更に募ろうというものですな。
それでは、遁甲順で、次は乾宮に回った七赤金星さん、2021年辛丑年を振り返って下さい。
私は七赤金星です、よろしく。六白金星様が立派な僧職のお姿で来られましたので、本日は、巫女の姿で参上いたしました。六白金星様は、本年は少し大変でしたものね。わたくしも暗剣殺付で、一種の厄年でもあります。それもあってか、やや綱渡り的な時期でもありました。でも私は比較的、家で趣味に没頭して過ごしたりするのが好きなので、何とか乗り越えることが出来ました。
やはり同じ七赤金星でも、慌て者の丙午生まれなどは、ハラハラする一場面もありました。特に、皇室にも一人おられるので、何かと心配ではあります。
おお、皇室というと、今現在、内親王のことでご心配を抱えておられる方だな。その問題に関しては、別途検討したいところではある。七赤金星さんは、乾宮で暗剣殺付のところを、よく頑張られた。
それでは、次は兌宮に回座している八白土星さん、お願いします。
皆さんそれぞれ、立派なお姿で来られているので、恐縮です。私は特徴のある衣装がないので、下手に人間ぽい姿をするよりはと、まんまの格好でお邪魔しました。八白土星の生まれには、粗忽者は比較的に少ないのですが、油断は禁物です。本年は兌宮にあって息抜きの時期でもあり、あまり無理をしないように心がけましたが、2022年はやや大変な年になりそうな予感もあります。
五黄中宮年は、定位盤の性質がより強まるので、艮宮回座の八白土星さんには正念場ですな。いつも落ち着きを失わない八白土星さんの地力に、期待したいところです。次は問題の九紫火星さんで、本年は艮宮回座という難しい時期ですな。
いつも華美に着飾る傾向があると言われているので、私も、まんまの姿で出席させていただきました。九紫火星です、よろしく。
2021年は慌ただしくて、なかなか自分の持ち味を生かせませんでした。でも問題の方も、九星盤の配置を見ますと、本年はかなり暗雲が立ち込めていますね。我々はもともと、大人しく引きこもっているのが好きではない生まれ、ということもありますが、よりによって、年も月も、一番悪い年回りではないですか。艮宮回座の時期は、何かと予期せぬ事態が起きやすいので、大きな事を決定して良い時期ではありません。どなたにとっても、注意して頂きたい時期です。
九紫火星さん、有難う。問題の方の話は、別途取り上げることにしております。九紫火星は、何かと事件や問題を抱えやすい星回りのようで、心労が絶えないかと思いますが、我々も全力で応援しますので、今後とも頑張って下さい。次は一白水星さんだが、離宮回座ということで、こちらも、なかなか大変な状況のようですな。
私は、見たまんまの水の精、一白水星です。水は低きに流れるというとおり、引きこもって自分の本分に徹するのは、ぜんぜん気にならないんですが、2021年の星の巡りでは、難しい立場に立たされました。世に言う水火殺という配置になってしまい、気苦労が絶えない状況でした。一白水星には薬効という意味もあるのですが、悪い方に目だってしまった感もあり、本来の力を発揮できたとは言えません。来年は、この状況が変わってくれるといいのですが。
一白水星さんも、なかなか重要な役どころじゃの。九紫火星さんとは、仲が悪いように見えて、実は一心同体というのは、占術の奥義でもある。今後の活躍に期待、といっても、相変わらず地道な努力の連続になるかもしれんが、我々はその努力は、よく理解しておりますので腐らずに。次は坎宮回座の二黒土星さん、お願いします。
なんだか私だけ、地味すぎましたかね。普段が普段なものですから、あまり見映えのいい衣装が無いんですよね。でも年寄りの智恵を、バカにするものではありませんよ。2021年は9年に一回の厄年に当たり、辛抱の要る時期ではありましたが、これまでにも山あり谷ありでしたから、これぐらい、何ともありません。ただしさすがに、90代の丙寅生まれとは、お別れせざるを得なかった場面もありました。これからも、二黒土星をどうぞよろしく。
本年は二黒土星さんもなかなか大変でしたね。急に怒りだすのではないかと、ハラハラしましたが、よく頑張って下さった。北に堕ちた時の過ごし方は、とても重要ですからな。亀の甲より年の功とも言います。次は坤宮回座の三碧木星さんです。
僕もなるべく地味なスタイルで出席しようと思ったのですが、とりあえずこんなんで。龍よりもこのほうが可愛いし、皆さんを怖がらせちゃいけませんよね。今年は何となく予定通りにいかないことが多く、計画倒れが多かったです。歳破がついてるせいですかね。地味に過ごした三碧木星です、今後ともよろしく。
三碧木星さん、なんでタツノオトシゴで出てきたのかと思いましたが、まあいつものことですな。ご愛敬ですよ。三碧木星は声あって形なき象ですから、難しいところです。坤宮で歳破付きとは、何とも難しい時期でしたが、大過なければ何よりです。次は震宮回座の四緑木星さん、お願いします。
今年は盛運期の筈なので、タンチョウヅルか何かになって、華麗に飛び立つ予定だったのですが、文鳥になってさえずる程度、という結果になってしまいました。旅行が生き甲斐なのにこの状況では、全く自分の活動ができません。断っておきますが、ウイルスをバラ撒いたのはわたしではありませんよ。昨年はそういう位置には居ませんし、今年はそんなことしたら、すぐにバレてしまう位置です。来年はどうなりますか、応援のほどよろしく、四緑木星です。
いやいや、四緑木星さんがウイルス撒いたなんて、誰も思ってはいませんよ。信用第一のあなたが、そんなことをする筈がありません。今年は特に、可もなく不可もなくだったのではないか、と思いますが、確かに旅行業界にとっては、先行きの見えない状況かもしれません。しかし、変化に強く転身も得意な四緑木星さんですから、また新しい世界を切り開いていって下さい。ラストは、本年は巽宮に回座している五黄土星さんです。五黄土星さんは土性だから、巽宮との相性は…うーん、ぎくっ!
私は五黄土星です。たまに乞食みたいな恰好をしていることもあるが、今日は私本来の姿で、雲切童子様にお目見えします、どうぞよろしく。五黄土星は確かに善きものと悪しきものの両極端を司り、かつ、巽宮が世界に何かを拡散する、という役割を担うなら、五黄土星が悪しきものを拡散した、という悪い可能性も、あながち否定は出来ない。巽宮との相性は確かに良くないが、人をそう悪く解釈するものではない。
話が変な方向に行きだしたな。確かにウイルスと五黄土星とのかかわりは否定出来ないが、それなら一白水星や三碧木星、四緑木星なども係わりがあるわけです。ここはひとつ、もっと大きな視野で考えてみることが大切ではないかな。
左様。神仏にもなれば、地獄の閻魔大王にもなるのが五黄土星である。であるから、来年の星周りは、私の活躍がどのような方面に発揮されるのか、大いに期待しております。
五黄土星さん、その、服から落ちたものは、もしやウイルスでは?全く、五黄には油断も隙もならんな。
あ、失礼、失礼。
とんだ落とし物ですな、しかし皆さん、無事にお揃いで何よりです。ウイルスに関しては、これから直接、話をしてみよう。
待って下さい!私はCIVID-19ではありません、普通の風邪のウイルスです!誤解しないで下さいよー。
静かに静かに。でもせっかくウイルス氏が来られたので、ここは一つ、我々に正確な情報を提供していただこうではないか。私も聞きたいことが沢山あるので、貴重な情報提供者です。偏見を持たずに接しましょう。新型コロナ関連のお話は、別の章になっているので、紹介はひとまずここで切り上げます。
ポイント2021年は六白金星中宮で、七赤金星は暗剣殺付。一白水星が水火殺、三碧木星が歳破付きで要注意の時期でした。来年は五黄中宮ですが、各九星ごとの解説は、年末にアップします。

皇室の縁談を操るものの正体はを見る

新型コロナウイルスとは何かを見る

TOPサイトマップ  関連項目:基礎講座 | 風水巷談 | 天知る地知る
現在このサイト内にいる人は 人です♪
Copyright (C) TAO AllRightsReserved.
http://www.kumokiri.net/