サメ君の悩み

お月様こんばんわー、やっと会えてよかったぁ
やあ、サメ君、ずいぶん久しぶりだけど、どうしてたの?こないだ、サーファーを追っかけて行って、逆にイルカに脅されてたみたいだけど、あれからどうなった?
それがですねー、なんだか、あれから悩んじゃって。そしたら、占い師の亀が、そういう悩みはお月様が専門だって教えてくれたから、お月様に会える機会をずっと探してたんですよ。
おやおや、悩みが出来たんだって?占い亀さんにも解決できない悩みがあるって、珍しいなあ。
だって、亀さん、忙しいからって、なかなか会ってくれないんですよ。やっと見つけ出して相談に行ったら、岩場の隙間に入ったままで、出て来てもくれませんでした。離れた場所から少しだけ悩みを話したら、それは専門外だから、お月様に聞いたほうがいいって、体よく追っ払われましたよ。
そりゃそうでしょ。だって君の仲間が、ずいぶんウミガメを食べちゃってるじゃないか。いくらウミガメが長生きで賢いったって、サメに襲われたらたまったもんじゃない。
反省してます。で、その…相談なんですが、実はその…。
なんだか煮え切らないねえ。サメはもっとこう、ビシッとしてないと、弱肉強食の世界だろ。さっさと言いなさい。まだ夜は長いとは言っても、その調子ではすぐに、明けの明星が顔を出してしまうよ。
ぼく、病気なんです。つける薬のない病気で。
つける薬のない病気って、うましかってことかい?
違いますよお。会いたくてたまらないんです。
と、言うことは何かね、悩みというのはそっち系のことかね。何となく雰囲気で分かった。顔がだらけてるし。
さすが、お月さまですね。すぐに見抜かれてしまいますね。健康や経済面が太陽神の担当なら、学問や恋愛の方面は、お月様の得意分野、と伺っております。どうか、お力をお貸しください。
そんなに悩んでいるのなら力にはなるが、そもそも相手は誰?君はメジロザメで大型のほうだから、あんまり若いサメだと、食い合いになった時に危ないな、相手が。とにかく紹介してくれ、話はそれからだ。
ついて来て下さい。
あれれ、だいぶ外洋に来ちゃったじゃないか。ここらへんはクジラやイルカが多くて、サメはあんまり見かけないようだが。
あそこです!あそこに居ます。ほら、ビーチボール持って遊んでるのがそうです。ヴァレンタイン、可愛いなあ♪
ビーチボール持ってるのって、あれイルカだぞ。どっからあんなボール拾ってきたんだ?いくらイルカが遊び好きたって、水族館のショーでもやってたイルカか?
どっかの船が落としていったボールみたいです。それをね、あのヴァレンタインちゃんは、僕に投げてよこすんですよおー。なんだか気に入られちゃったみたいで。
おお、上手に鼻で押してたわむれとるなあ。イルカは、遊ぶということを理解してる感じだねー
美人でしょ、ヴァレンタインちゃん。ぼく、うまくボール投げ返せなかったんだけど、それでも、仰向けに泳いで誘ってきたりするんですよ
ふーん、でも、今、君のほう見て、歯をむき出して威嚇してるぞ。
ああ、きっとプレゼント待ってるんですよ。僕が前、小魚あげたら遠慮しちゃって食べなかったけど、何か別のもんならいいんですかね、浮き輪とか。浮き輪あれば子供が出来ても、乗せて遊べますね。
子、子ども?結婚を考えてる?
まあそのー、そういうところなんですが、どうもお付き合いの仕方がよく分かんないし、うまく会話が出来なくて、困ってるんです。あっジャンプして笑った、僕のこと待ってたんですね、可愛いですねー。
そもそも、なれそめは?と言っても片想いと見たが。
よくぞ聞いて下さいました。こないだ、僕がサーファー追っかけてったの、お月様見てましたよね。やっと追いついて、サーファーの足をガブリとひと噛み…と思ったら、あのヴァレンタインちゃんが、僕の体に、こう全身をこすりつけてきてですね。
な?なに??それはこないだ、イルカがサメから人間を助けたって、ニュースになってた事件かい?
あれ、勘違いなんですよ、人間ってほんとに自己中なんだから。あのイルカちゃんがずっと僕のことを見てて、僕が人間にじゃれつくのを見て、我慢できなくなって「私と遊んで、遊んで」って、すり寄ってきたんですよ。それで僕もつい、気を取られてしまって、人間のことは忘れてしまったんです。
うーん、自己中なのはどっちかなあ。あのね、せっかく夢見てるところを悪いが、メジロザメ君、この話は無かったことにして、あのイルカのことは忘れろ。
ど、どうしてですか?あんなに呼んでますよ。
呼んでるのか、からかってるのか、どっちかは知らんが、まあ遊んでるんだろうね。それにしても、やっぱりサメとイルカでは、脳の大きさが…どうもなあ。
なんか言いました?ぼく、仲間の間では賢いって言われてるんです。イルカちゃんのような、鳴き声でお話とかは出来ないけど、二人が真剣なら、ちゃんと気持ちは通じ合いますよね。
あのね、メジロザメくん、ちゃんと説明してあげよう。まず自分の尾びれを見なさい。

はい、ちゃんとワンセットついてます。虫もついてないし、欠けてもいないし、美しくて健康な、申し分のない尾びれです。イルカちゃんのは、もっとツヤツヤして綺麗だけど。
そうではない。君の尾びれは、体に対して、縦についてるよね。それで上下が非対称。でも、イルカの尾びれは、体に対して横についてるから、左右対称。
確かに。でもそれぐらい、決定的な違いにはなりませんよね。体の大きさもクジラと比べると僕のほうが近いし、色も外見も、それほど違いません。僕たちカップル、元から親戚でしょ?もしかしたら、いとこか、はとこぐらいかも。
勝手にカップルと決めてしまうんじゃない。その尾びれの違いは、決定的なんだ。イルカはクジラと同じ哺乳類で、もともと陸上生物だったので、体を垂直方向にうねらせて移動する。その為、尾びれが横についている。
それに比べ、君たち魚類は、水平方向に体をうねらせて泳ぐだろ。だから、尾びれが縦についている。哺乳類である人間が泳ぐ時には、ドルフィンキックは真似するが、シャークキックなんて聞いたことがない。
そんなあ、そんなあ!大きさも色も形もこんなに似てるのに、尾びれの違いぐらいで別種の生き物というのは、あんまりだ!差別だ!
可哀想だが、ちゃんと認識したほうがいい。同じ海中で生活していても、イルカとサメは、全く性質の違う生き物なんだ、結婚なんて出来るわけがない。
そんなの、納得いきません。おまけに僕は、メジロザメの中では由緒正しい万世一系の家系なんです。あのイルカちゃんは、僕の家にきたら、きっといいお嫁さんになるに決まっています。
まだ勘違いが認識できないようだね。サメにも卵胎生の種類がいるので、勘違いしやすいのかもしれない。キミの家が由緒正しいというのは分かったし、最近は人間の世界でも、万世一系を守れだのなんだの、騒々しい出来事が多い。それでは、「種」ということについて、説明してあげよう。
お願いします。これでは、全く納得いきません。
万世一系の議論というよりも、陰陽の原理の話なのだが、分かりやすく、陽が天で男性の種子、陰が地で女性の卵子としよう。種は原型、地は種を育てる土壌、環境、ということだね。
例えば、植物の場合なら、種を地面に撒くと、次第に育って花が咲く。
でも、バラの種は、別の場所に植えてもバラであって、急にヒマワリになったりはしない。もちろん、地質が合わないと枯れてしまうが、バラという家系は連綿と受け継いでいるわけだよね。
う、う〜〜〜ん、分ったような分からないような。
君が言っているのは、バラもヒマワリも同じ大きな黄色い花だから、親戚で似たようなもの、と言っているようなもんだ。
そ、そんなに違いますかねえ。バラとヒマワリ。いや、イルカとサメ。
イルカとサメを交配させるのは、ライオンとトラを掛け合わせたライガーを作るのとは、別の次元の話なんだ。或いは、イルカとシャチをかけあわせるよりも、遥かに難しい。難しいというよりも、まず不可能だ。
ええっ!イルカとシャチって、違い過ぎるでしょ!
シャチもイルカの一種だ。もっと言えば、シャチもイルカも、クジラの仲間だ。
なんか、どんどん分かんなくなってきたぞ。頭が疲れてきて、もう何も考えられない。ぼく、恥ずかしくってもう誰にも会えないや。
背伸びして、だいぶ無理してたからね。でも恋の悩みって、誰にでもあることだから、馬鹿にする人は居ない。気にせずにもうリラックスして、なんか美味しいものでも食べて、忘れてしまうのが一番だよ。
美味しいもの!そう言えば、ずっとまともにご飯食べてないから、猛烈にお腹すいてきた。そう言えば、さっきのウミガメ、そろそろ岩場から出て来る頃かな。ウミガメって美味しいんだよね。
占いガメはそっとしておいてあげなさい。サメくん、仲間のところに帰って、相応しい相手を見つけたほうがいい。君は誠実だからきっと幸せになれるよ。さて、私はもっと高くのぼって、世間を見渡す仕事にかかろう。あ、向こうからクジラがやってきた。
ポイント 色恋の悩みは、古今東西、尽きないテーマですね。でも、このお話のテーマはそれだけではありません。陰陽の根本原理にもつながるお話なのですが、悩みじたいは、とりあえず、自分を客観視してみると、意外と何でもなかったりするものではないでしょうか。
TOPサイトマップ  関連項目:基礎講座 | 風水巷談 | 天知る地知る
現在このサイト内にいる人は 人です♪
Copyright (C) TAO AllRightsReserved.
http://www.kumokiri.net/