通信講座案内へ | カリキュラムと詳細 | お申し込みフォーム



新構成の風水学ステップ講座。その名の通り、ステップごとに理解を深める講座です。
詳細は募集時期に公開です。次回募集2019年4月

受講科目
(自由選択式)

■東洋哲理科

一見しただけでは実用的な内容には見えませんが、実は一番大切な講座です。陰陽五行の成り立ちと東洋学の哲理などからスタート。実用的な知識は全てここから展開してゆきます。十干、十二支、八卦の意味など、最も根幹となる知識を学べば、暦の構造もたやすく分かります。堅苦しい専門的なトーンではなく、読み物としても楽しみながら学べます。
4ヶ月、全12回構成です。
Step1=基礎編、Step2=発展編、Step3は易学講座を予定しています

■気学科

移転の方位を判断したい方向けですが、方位の吉凶のみならず、九星の性質やその影響など、気学の根幹を網羅しています。特に単身の方、賃貸住宅派におすすめです。単なる吉凶よりも「なぜそうなのか」に重点を置き、応用力を身につけます。※旅行は影響が小さいので、あくまでも参考程度です。
1ステップを4ヶ月、12回で完成。ステップ3まで
Step1=気学基礎前編、Step2=気学基礎後編、Step3=気学命理編です。

■陽宅科

家相の原理を基礎から学びます。一戸建て、注文住宅派におすすめです。もちろんマンション派にも必須。土地家屋はすべて一つ一つ違うので、マニュアル的に見ようとしても、どこから手をつけて良いのか分からなくなりますが、この講座なら大丈夫。
風水学を占いではなく人間環境学として捉え、色彩心理学や植物の話まで網羅しています。中国風水ではなく、日本家相をベースに、現代家屋にマッチするように分かりやすく編集しています。
1ステップを4ヶ月、12回で完成。
Step1=陽宅基礎前編、Step2=陽宅基礎後編、Step3は陽宅応用編です

■命理科

カリキュラムの構成上、東洋哲理科、気学科、陽宅科三科目をすべて修了された方が受講できます。四柱推命が中心ですが、内容的な兼ね合いで、募集要綱は該当者にその都度ご案内します。
参加者は当講座に参加してから長い方が多いので、一過性ではなく、息長く学びつつ研究会にも参加される方が対象です。
進行方法(例)

オーソドックスな進行方法

東洋哲理→気学科→陽宅科→自分に向いた科目を深める

気学を特に深めたい

気学科をStep2又はStep3まで→他の科目へ

家相判断を優先したい

風水学短期集中講座(全12回)→陽宅科で更に高める(Step2又は3まで)
配信スケジュール 月3回配信。各ステップごとに復習の為の休講期間が入ります。
進行上の注意 ■どの講座も、Step1→Step2までが一区切り、Step3は応用編です。受講の科目種別、科目数は自由ですが、Stepの順番は変えられません。
■どの科目も中断、再開、移籍は自由。休会、退会の別はありません。入会金は初回のみ。
(過去に一度でも講座を受講された方は、入会金は必要ありません=短期講座のみの場合は必要)
過去現在の受講生 ■過去の講座の卒業生は、適当なStepに編入する場合がありますので、お問い合わせください。中断していてステップ講座に復帰する場合は、修了した科目のStep1は無料で閲覧可能ですが、内容は再編成されて過去のものとは変わっている場合があります。
■もし受講を中断する場合は、一定期間を経た後は閲覧不可になります。
■現在の新・風水学講座の受講生も、各人の進行状況と希望に応じたステップに移行可能です。
募集スケジュール

2019年度(前期)

4月=各科募集、短期集中講座も募集
5月~9月=ステップ講座開講(1月は復習と演習問題)

7月と10月は復習を兼ねて演習問題に挑戦

このページの先頭へ


タオの風水学教室TOPサイトマップ  関連項目:風水学の基礎知識
現在このサイト内にいる人は 人です♪
Copyright (C) TAO AllRightsReserved.
http://www.kumokiri.net/ コピー・転載禁止