003376

*--更新とトピックス--*

更新履歴、各種お知らせ、トピックスはこのページになります。


実践気学・短期集中講座のお知らせ  2024/05/11
サイト更新のお知らせ  2024/03/17
とりあえず新・風水暦アップ  2023/12/18


実践気学・短期集中講座のお知らせ
一味違う気学講座のご案内

2024年も早くも半ばとなり、そろそろ新型コロナ騒動とも折り合いをつけて、落ち着いて自分本来の仕事に取り組みたいものですね。
今回は、「実践気学・短期集中講座」開始のお知らせです。


◆なぜ今、気学の短期講座?
陽宅風水のほうは、かなり前から短期集中講座があり、「分かりやすい」と好評をいただいております。しかし、気学のほうにはありませんでした。
いろいろ理由はありますが、気学があまりに簡単に〇×式の吉凶で扱われることが多い為、そう簡単に小分量にまとめて良いものか?と少々危ぶんで、様子を見ていたせいもあります。

ところが近年に至って、少し目に余ることが多くなり、「引っ越ししてから何かがおかしい。明らかに流れが変わって運気が悪くなった」とご相談に来られる方が、しばしば目に付くようになりました。

甚だしい例では、鑑定ができるという人に(自称)ちゃんと吉方位を見てもらった筈なのに、初心者でもわかるような明らかな凶方を吉方位として勧めていた、という例さえありました。

素人判断を専門家がよく見たら凶方位だった、というならまだしも、五黄殺とか暗剣殺を見逃すのはあり得ないだろう、と少しでも気学にタッチしたことのある方なら、考えられることと思います。しかし、よく聞いてみると、それ以前の問題のようです。

最初は、正しい手順を踏んでいないとか、暦の見方を知らないせいなのかな?、などと考えました。しかし、たまに見かける例では、五黄殺を吉として使用しているので、もしかして五行の相生・相剋表だけ見て、その人には土性が吉なので、五黄も土性で吉、という判断なのかな?などと推測しています。

何の分野でも、一部だけを見て、後は全部その知識の範囲内で片付ける、という人はしばしば見受けられます。
このレベルの間違いが、素人の自己判断ではなく、他人を鑑定している人の中に見受けられるので、被害者はけっこうな数に上ると思われます。

ある意味、これは気学がとても簡単なように見えるので、その為の弊害かもしれません。昨今は、何でもネットのブログや無料記事の拾い読みで済ませてしまう層も多く、極端な話、寄せ集め知識だけで、一週間もあれば気学のプロが出来上がってしまう場合さえあります。
方位の区切りとか地図の見方も、複数のやり方があって、いまだに混乱している現状です。

もう一つの問題は、簡単に他人を鑑定して間違った方位を教えてしまうような人は、他人の運命にタッチすることの恐ろしさを知らない、というか、考えていないのだろう、と思います。
占いというのは、浮世の仕事とは少し違う部分があり、本当は出家に近い世界のものだ、と筆者は思っています。

そういう、いろんな経緯もあり、本格的な気学講座以外に、時期遅しと言えども、コンパクトに要点を抑えた講座も必要だろう、と今回の企画に至りました。

前から必要性は感じていたのですが、最近、気学と四柱推命の詳細マニュアルを作成しているので、noteの進行との兼ね合いもあります。
サイトの本講座のほうは、今後は募集の時期や方法が変わる予定です。

今回は、「〜運命と方位のコラボ〜実践気学・短期集中講座」と銘打って、かなりとっつきやすい料金でのご案内ですので、どなた様もぜひご利用下さい。

内容は、先日ご案内しました、「気学推命・詳細マニュアル」と連携が取れるようになっております。上記マニュアルの解説編、のようなものと思って頂くとよいでしょう。
内容は一般的な気学とは少し違って、方位判断はもちろんですが、命理に力を入れております。以下の通りです。

◆どこが一味違うのか?
実践気学・短期集中講座(全12回)
〇吉方位を確実に出してみよう
〇方位と地図の見方は大丈夫?
〇方位の象意を知れば、受ける影響が分かる
〇九星盤に隠された、個人の資質と運命を知ろう
〇未来の運命を九星盤で予測してみよう
〇三種の気学実践法〜移動・家相・体質改善〜

以上の通り、単に吉方位を割り出したり、九星の性質を学ぶだけではなく、徹底して有用なものにする、というコンセプトで作成しており、かなり濃い内容です。
移転や旅行の吉方位を知る、という、一般的な気学とは一線を画したものです

※今回は「気学推命・詳細マニュアル」との連携、それとnoteの連載コンテンツを意識した構成になっています。

料金:28.500円(全12回)

申し込みフォーム
http://www.kumokiri.com/kouzaForm-JK.html

※5月25日申し込みまでの特典として、ご希望の方には、2024〜2044年までの日盤表を紙の小冊子に仕上げ、無料でお送りします。(PDFではございません。同時にPDFもご利用できます。)
講義そのものは、PDFのほうが携帯に便利ですが、講義と同時に開いて確認するには、紙冊子のほうがずっと便利です。
ご希望の方は、申し込みフォームに送り先をご記入下さい。小冊子は、今回申し込み以降は有料です。

※このコンテンツは、近くnoteで有料化予定です。noteでは細切れでアップしますので、全回合計した料金は、今回料金の2倍ほどになります。
是非どなたも、この機会をご利用いただき、東洋運命学の神髄を、生活に活かして下さい。
Date: 2024/05/11


サイト更新のお知らせ
なんだかんだで、ずいぶん更新が遅れてしまいましたが、サイト更新しました。

・風水暦の5〜7月ぶん
・雲切フォーラムに2章です。

通信講座の募集も開始しております。
取り急ぎ、お知らせまで。
Date: 2024/03/17


とりあえず新・風水暦アップ
なんだかモタモタしていて、大変お待たせしてしまいましたが、新しい風水暦をアップしました。

前の風水暦は、作るのがあまりに大変な割に、マンネリ化してきて、宣伝としても意味が無くなってきていたので、思い切って打ち止めにしました。
まあ20年以上やってれば、そりゃマンネリ化しますよね。
しかし、いざ止めるとなると、けっこう反響はありました。

「え?講座とかでお金払ってる人にしか見せないんですか?」
「有料でいいから続けて下さい」とか…

有料でいいなら、前から個人用のオリジナル風水暦は、ずっとやってるんですけどねえ。

しかし今年になっていろいろ考えがあり、noteを始めたので、サイトのほうが疎かになってはバランスが取れないと思い、違う形で作ることにしました。
方位の吉凶は、主な利用者の方は、ほとんど個人鑑定をご利用になるか、既に自分で判断できる方ばかりなので、運勢面に力を入れて作っています。

しかし運勢を入れるとなると、これはこれで大変なんですよね。それで何度も作り直す羽目になってしまい、今回の形に落ち着くことになりました。
一見何気なく、三行書いてありますけど(笑)、これは同会・被同会でやっているので、意外に念入りなんですよ。気学講座で、なかなか入念に教えきれなかった部分でもあります。要素が多すぎて、どこに焦点を当てるか、直感とか創作力に頼る部分があるので、マニュアル化が難しいんですよね。

そういうわけで、他の更新に手が回りませんでしたが、もう今年も残りわずか。
今年は早目に護符をお送りしようと思いますので、25日までにお申し込みのぶんは、年内に間に合わせます。もちろんちゃんと魂入れもしますよ。

運命鑑定がどこまでお受けできるか、少し慌ただしいので微妙なところではありますが、長く休むと再開した時に大変すぎるので、余り溜めずにちゃっちゃとやろうと思います。
それでは皆さん、良いお年を〜(ちょっとまだ早いかな)
Date: 2023/12/18


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**雲切ネットへ**
[TOP]
shiromukuNEWS version 4.00